マンションを見た目だけで判断をしてはいけません

不動産投資をするのであれば、マンションを見た目だけで判断をしてはいけません。
インターネット上に掲載されている情報だけでは本当に優良な物件かどうかを見分けることができないのです。


不動産投資をするための物件を選ぶにあたって、チェックするべきポイントがあります。

過去の修繕実績、大規模修繕計画、修繕積立金の積立状況、積立金滞納者の有無です。

これらは全てマンションの質を維持するために重要な項目となってきます。

大規模修繕工事が行われいなかったり、管理組合が機能不全に陥っていたりする物件がインターネット上では当たり前のように取引されています。特に、これから中古ワンルームマンションで不動産投資をしようと考えている人は、まずは不動産管理会社をしっかりと選ぶことが重要となってきます。


市場に出回っている中古ワンルームマンションをただ紹介してくれるようなところはやめておきましょう。また、自分でこれらの修繕情報をチェックすることも重要です。

利便性を重視したアパート経営の投資の最新情報を紹介しています。

これらの情報は重要事項調査報告書を確認することでチェックができるのです。

物件を問い合わせただけではもらえるものではないので、自分から積極的に建物管理会社や仲介会社に問い合わせをしましょう。


不動産は高い買い物です。契約をして引き渡しを受けてから修繕状況がひどいということがわかっても手遅れです。



そのような状況に陥らないためにも、不動産投資をするにあたって、このひと手間がとても重要になってきます。







サンプルバナー