上手なパンフレットの作り方とは

会社の商品アピールや施設紹介などでパンフレットを作成する機会はたくさんあります。

しかし一口にパンフレットといってもその形状や内容などは多岐に渡るため、出来上がりによって人に与える印象は全く異なります。

では、どのようなパンフレットを作れば宣伝としてより効果的なのでしょうか。
まずは何を伝えたいのかをはっきりさせることが大事です。

商圏分析が勢いに乗っています。

いくらおしゃれなデザインで綺麗に仕上がっていても、重要なポイントがはっきりしなければパンフレットの意味がありません。
カタログならばどんな商品があるのか、施設の紹介であればそこがどんな施設であるのか、というように読者に一番知ってもらいたいことが何なのか、最初に方向性を決めることが鍵となります。




次はいよいよ実際にパンフレットを作成する行程に入ります。


先程決めたアピールしたいポイントが一番目立つようにするために、文字を大きくしたり色を変えるのが効果的です。


アプリ開発会社の専門サイトのココです。

ただ単に文字だけを並べるのではなく、写真やイラストなど実際に視覚効果にうったえるものを使うのもおすすめです。

ただし、あまりに装飾が多いとごちゃごちゃして逆に見にくくなってしまうので注意してください。
また、デザインや量に関しては、どういった世代を対象としているのか、いつどこで配布するのかといったことも考慮しましょう。

つまりパンフレットを作る際に重要なのは、コンセプトとデザインということになります。

自分の伝えたいことが一目で誰にでも分かるようにする、ということを心掛けて是非素敵なパンフレットを作成してください。


これまで顧客に配布するパンフレットといえば、印刷会社に大量に発注するものでした。


大量に発注しなければ一冊あたりのコストが高くなるので、必要な部数を予想して発注をしていました。パンフレットを内製することで、必要な時に必要な部数のパンフレットを用意することができます。
パンフレットの在庫を保管しておくためのスペースが不要になります。



さらに、これまで外注していた印刷コストが削減できるので、経費削減にもつながります。

記載されているデータや商品を新しいものと差し替えたい場合も、データを修正してから、必要な部数を社内で印刷するだけなので、簡単に新しいデータに修正することができます。

社内でパンフレットを作るためには、必要な道具があります。
まず、印刷したいデータです。次に「製本機能」のあるコピー機が必要です。



お使いのコピー機に製本機能が付いているかどうかが不明の場合は、コピー機を導入した業者などに聞くと教えてもらうことができます。コピー機のメーカーは色々ありますが、製本機能でできることは同じです。


製本機能でできることは、印刷したいデータを本の体裁に自動で割り付けて印刷できるということです。


手順としては、作成したパンフレットのデータを製本機能で印刷します。
次に、印刷された紙を真ん中で半分に折ります。

最後に折り線の上をホチキスで留めます。すると冊子の形状になります。

この時中綴じ用ホチキスを使えば、簡単に留めることができます。

このようにコピー機の機能を利用してパンフレットを内製すれば、印刷コストやスペースの削減につながります。

https://4meee.com/articles/view/901944
http://jp.reuters.com/article/airline-wifi-idJPKBN0LL0M220150217
http://www.asahi.com/sp/and_M/information/pressrelease/Cdpress000133050.html